2014年7月18日金曜日

広い世界と文化、日本人には受け入れられない文化も多い=移民は受け入れない方が良い

 現在だいたい有名になった音楽はyoutubeで聞ける。今日、rolling stonesが選んだbest 500というリストがあることを知った。その内のベスト10が、以下の曲である。イマジンなど比較的解り易い曲があるものの解り難い曲が多い。
Best 500 music selected by Rolling Stones;
  1. ライク・ア・ローリング・ストーン, ボブ・ディラン
  2. サティスファクション, ローリング・ストーンズ
  3. イマジン, ジョン・レノン
  4. ホワッツ・ゴーイン・オン, マーヴィン・ゲイ
  5. リスペクト, アレサ・フランクリン
  6. グッド・ヴァイブレーション, ザ・ビーチ・ボーイズ
  7. ジョニー・B.グッド, チャック・ベリー
  8. ヘイ・ジュード, ビートルズ
  9. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット, ニルヴァーナ
  10. ホワッド・アイ・セイ"(en), レイ・チャールズ

 この中で、"スメルズ・ライク・ティーン・スピリット"( ニルヴァーナ)は9位であるが、1億7000万回に近い他を圧倒するアクセス数をみると、多くの人の共感を得ているものと思う。しかし、この曲は、独特のリズムと雰囲気があるものの、非常に暗い犯罪的な曲であると感じる。作者は意味が無いと言うが、歌詞には人種差別と殺戮の意味がある様だ。この曲だけで判断するのは勿論早計だが、私はこの曲とそのアクセス数の多さに少なからずショックをうけた。日本人には想像を絶する社会が、世界には地域によるだろうが多く存在する。我々は、中庸で均質な文化を形成し、平和に暮らしている。この日本国を大切にし、外国人一般を移民などで受け入れない方が良いと思う。  下にこの曲の歌詞の和訳をしてみた。難解だが元の英語に出来るだけ忠実に行なったつもりである。誤りがあれば、指摘して欲しい。
ニルバーナは涅槃の境地という意味の他に、生け贄という意味があるそうである。

0 件のコメント: