2015年8月15日土曜日

安倍談話に対する村山元総理の救い難いコメント

村山元総理が、美辞麗句などあったが何に謝っているのか良くわからないと、安倍談話についての感想を述べた。「日本政府よ、お前は悪者なのだ。出所したとはいえ、何か喋るのなら過去の悪行を反省し、被害者に明確に謝罪する義務がある」といいたいのだろう。

美辞麗句など安倍談話にはない。淡々と戦争に至った背景を歴史に沿って述べ、日本が間違った点を「自らの行き詰まりを力でもって解決しようとし、新しい国際的秩序の挑戦者となった」と明確に特定している。そして、それを反省しなければならないとした上で、「中国、東南アジア、太平洋の島々で犠牲になった国々の無垢の人々の苦しみは、我国が与えたのであり、それを自覚することが戦後日本の原点である」(要約)と述べた。その内容は明解である。安倍談話に述べられている戦争の背景など村山元総理には難しくて解らなかったのだろう。

村山談話の「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。」というだけでは、当時の日本政府が、国民と近隣諸国に大きな害を与えた悪者だったと言っているに過ぎない。

それでは、壮絶な戦いを行なった、多くの日本兵士達の死を、悪行への共犯行為だったと決めつけることになる。盗人にも三分の利(他に五分の利というのもある)と言うが、硫黄島や沖縄などで戦った兵士などには三分の利もないということになる。村山談話は、日本国民と旧日本軍や日本政府との完全分断を図った、戦勝国の企画・演出ではないのか。一体、何処の国の元総理大臣なのだ?

元総理なのだから、静かにしていて貰いたい。マスコミも、反対意見の報道は良いが、ただ面白ければ良いという報道は止めてもらいたい。

0 件のコメント: