2017年7月23日日曜日

【討論】朝鮮有事と朝鮮総連-トランプ米政府はどう動くか?[桜H29/7/22]について

【討論】朝鮮有事と朝鮮総連-トランプ米政府はどう動くか?
https://www.youtube.com/watch?v=0tFwqjJdF9o
を見た。正確には53分27秒まで観た。それ以上見る前にコメントを出した。それは以下のようなものである。

北朝鮮の核兵器がミサイルに搭載された場合、それが最も大きな脅威となる国は日本である。米国でも韓国でもない。何故なら、米国には北朝鮮を完全破壊するだけの核能力があり、韓国には半島統一のシナリオがあるからである。

米国は北朝鮮の核兵器保持を許してはならないとして、韓国へのTHAAD配備など言い出したのは、中国やロシアのミサイル防衛網構築のためであると、習近平・プーチン会談の後、彼らは発表している。それは、米国の北朝鮮攻撃を抑止する効果を持つ。

日本人が考えるべきことは、米国は日本を潜在敵国と考えている可能性である。つまり、中ロと米国は対立しているように見えて、実は北朝鮮の核装備を完成させ、日本の脅威となることを共通のシナリオとして持っていて、それまでは対立する役を演じているのではないかということである。

本当は、そんな紛らわしいことを考える必要はない。完全にこれらの国の演劇のシナリオを破壊する方法があり、それは日本の核武装に向けた計画の発表である。それにむけたNPT脱退宣言だけでも効果があるだろう。それ以外の議論は山ほどやっても無駄だ。

皆さん、中心を避けて、周りをひたすらグルグル廻って居られる。いくら議論しても、何にもならない。米国がやるべきことは、朝鮮戦争の終結と北朝鮮との講和である。

それでも核兵器開発を続けるのなら、日本がやるべきことは核兵器開発である。答えは見えている。それが見えないのは、無能だということだ。

0 件のコメント: