2018年7月7日土曜日

テロリストの死刑執行に反対する宗教: 日弁連とアムネスティ日本はその信徒である

1)昨日地下鉄サリン事件を起こした犯人の死刑執行があった。この事件の真実の姿はなかなかわかりにくいが、産経ニュースが報じた様に、司法はその動機を「麻原死刑囚が救済の名の下に日本国を支配して自らその王になることを空想。その妨げになる者を殺害しようとした」のである。国家転覆を目指した政治テロであったということは確かだろう。(補足1)その前提で以下議論する。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000515-san-soci

先ず、今回の死刑執行の報道を受けて、日弁連会長は死刑廃止を改めて訴えた。アムネスティ日本もこの件での死刑執行に反対してきたが、それと同じ路線上のものだろう。https://www.sankei.com/affairs/news/180706/afr1807060106-n1.html

また、社会心理学専攻の西田公昭立正大教授は、「麻原(死刑囚)については仕方がないが、他の6人の死刑執行についてはショックだ。テロリズムが世界的な問題となる中、心の武装を解除する方法が国際的に議論されている。6人の事件後の心理的変化などは、今後のテロリズムの重要な鍵を握っているにも関わらず、十分な心理学的調査などが行われる前に死刑が執行されたのは犯罪抑止の面からみても残念で悔やまれる」とコメントした。 https://www.sankei.com/affairs/news/180706/afr1807060050-n1.html

また、教団からの信者の脱会を支援している滝本太郎弁護士は、「松本死刑囚の刑が執行されたと聞いてようやくこの時が来たと感じたが、ほかに6人が執行されたと聞いてぼう然とした。彼らは松本死刑囚の手足でしかなく、これから事件のことを何度も振り返ってなぜ自分が教団にはまってしまったのか説明してもらうという有益な仕事をしてもらいたかった」と述べたと報道されている。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011514101000.html

今回の死刑執行に反対する日弁連会長の声明では、死刑廃止論の立場から麻原彰晃の死刑にも反対している。一方、西田公昭氏と滝本太郎氏の今回の死刑執行に対する反対は、麻原以外の6名の死刑に関するものである。従って別に議論すべきだろう。以下にこの件及び上記意見について私の考えを記す。

2)麻原死刑囚の死刑にも反対する日弁連やアムネスティ日本は、もう少し反対の理由を明確にしてもらいたい。

この件は、化学兵器を使った国家転覆を目指した事件であり、現在我々が生きているこの社会を否定する行為であった。従って少なくとも主犯者の行いは、政治的テロリズムであり、日本国に対する戦争行為と解釈すべきである。繰り返すが、この件は日本社会の内部で終始した犯罪では無い。

従って、この件を行政の中で処理するのは本来おかしい。国家の法律には、“内戦行為を裁く”という考え方はあり得ない。従って、テロ等準備罪(共謀罪という名で施行)が仮にあり得るとしても、その行為の本丸に当たるテロ罪は無い。テロは犯罪ではないからである。つまりテロ実行者は、日本という社会から脱出し日本人という特権を捨てた上で、反日本国及び反社会行為に及んだのだから、即座に射殺されても何の疑問も残らないのである。

従って、アムネスティ日本や日弁連は、死刑廃止という立場で今回の死刑執行に反対するのは論理的ではない。反対するのなら、「テロ行為を行政で裁くのはおかしい」という論理で反対すべきである。この件、是非両団体のコメントを聞きたいものである。

勿論、社会から犯罪とも見なされずに殺される覚悟の上なら、個人はだれでもテロを働く自由はある。それが成功したのなら、新しい日本国の誕生となる。明治維新では、薩長の若い人たちは、当にそのようなテロを江戸や京都で働いた。(補足2) 3)次に、麻原以外の死刑執行に反対する意見について少し書く。この類の意見は、テロ実行犯は実はテロリストではなく、テロ計画者のみがテロリストであるという論理なのかもしれない。もしそうなら、世界中のテロの中で、テロリストは一人なのかもしれない。 上に引用の記事の中で滝本弁護士は更に以下のように述べている。「私を殺そうとした人に事件後に会ってみたらいい人だった。いい人がいいことをするつもりで犯罪に手を染めたという前例のない事件だったということをこれからも伝えていきたい。事件を風化させないためにも松本死刑囚以外は刑を執行してはならなかったのに、返す返すも残念だ」 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011514101000.html

しかし、このテロで殺される予定の人は滝本氏だけではない。警察の対処が遅れれば、論理的には、数千人、数万人の死者を出す内戦に発展したかもしれない出来事である。弁護士資格を持っている人がこのような理解の程度とは驚きである。

社会心理学専攻の西田公昭立正大教授の意見は一聴に値するが、その考えなら何故麻原の死刑執行にも反対しないのか。麻原のこの件を引き起こした動機が解明出来ているのなら、それを先ず発表してもらいたい。

私の印象では、日弁連、アムネスティ日本、滝本弁護士、西田教授の全ては、根本では同じ考えのように思う。人が人の命を奪うことが、何よりも嫌いなのであり、その考えは一つの宗教である。

補足:

1)従って、この件は犯罪行為としてではなく、テロとして考えるべきである。一般には犯罪とされ、その”犯人”は刑法により裁かれているので、ここでは両方の単語を用いる。

2)明治維新については何度かブログに書きました。
https://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/42241483.html https://blogs.yahoo.co.jp/mopyesr/42249167.html

0 件のコメント: