2015年8月13日木曜日

鳩山元総理の愚かな行為

昨日鳩山元総理は、日本の植民地時代に独立運動家が投獄された、ソウルの西大門刑務所の跡地にある歴史館を訪問し、記念碑に献花の上膝まずき謝罪した(補足1)。

記念碑に献花することには、問題はないと思う。自国の独立を目指す行為は一般に評価されることであり、また、そのような外国要人の献花は慣習化しているからである。しかし、元日本国総理として土下座謝罪をする理由はない。あの様な事をして、日韓併合時に戦死したり、独立運動のトラブルに巻き込まれて死亡した日本の軍人や民間人にたいして、どう申し開きをするつもりか?何も考えずに、元総理という肩書きを持つ人は、外国でパーフォーマンスしないでほしいものだ。

此の人を総理にした、小沢一郎を始め当時民主党に所属した方々、ひとこと意見を発表すべきである。 今回の鳩山元総理の韓国における愚かな行為については、別サイトにも書いたので、これ以上は書かないでおく。

補足
1)この様な卑屈とも言える行為であるが、原理的に否定しているわけではない。政治的なパーフォーマンスなので、相手国が我国にたいして、生殺与奪の権を持っている様な場合、正しい場合もあるだろう。
(17:50 編集)

1 件のコメント:

Q-kazan さんのコメント...

現時点では、そしてこの場に対してはパフォーマンスにすらなりません。
日本を貶めているだけと思います。
この人は日本の国益より自分の名前がマスコミに取り上げられることが重要なのです。
岡田氏がわざわざ訪韓して、この時期に、謝罪をしてきたのも同じ目的と思います。
私も当時民主党に一票投じました。その意味では責任がありますが。