2015年7月22日水曜日

東芝の醜態と日本の人事

東芝の不適切会計処理は幹部が無能な会社の醜態である。高い目標をチャレンジと称して部下に指示し、その目標達成の方針を具体的に示さない、無能な権力者をトップに持ったことが原因だろう。

「一流の人間は一流の人間を選ぶ、二流の人間は三流の人間を選ぶ」と言う言葉(多分英語の翻訳)がある。一旦二流の人間をトップにつけたら、その会社は潰れる方向に走り出す。NHKニュースで利益至上主義に走って云々という批判があったが、日本らしい。私企業が利益至上主義に走るのは当然だ。

一方、その利益をあげる為には、トップがあらゆる意味で時代を読み、アイデアを広い範囲から拾い上げ、具体的な形で組織全体の方針として決定して、組織を経営しなければならない。そして、その責任はトップがとると言う形でないとダメだろう。「チャレンジ」とか「利益あげろ」と旗を振ったり、大声で叫んだりするだけで、その具体的方針を理解可能な形で下に示さないで、尻を鞭打つ上司を持った部下は気の毒だ。

日本はトップから最下位まで、層状に人が配置され、層を挟んでの議論は極めてすくない。日本語で「意見する」は「文句をつける」或いは「反対する」と同義であるので、上の層に向かっては沈黙は金である。そのようなシステムでは、人材を全社員から選ぶということはできない。

通常、おしゃべりは人間関係の潤滑油かもしれないが、議論は口論になり人間関係を破壊する。真面目に議論しない集団に発展などある筈がない。

(しろうとの戯れ言です。)

0 件のコメント: